美しさ

人々がいう美しさ。

それはうつろうもの。

流行があるように、人々の感じる美しさもまた変わる。

好きか嫌いかの感情でしかない。

それに価値を求めても良いが、

変化するものであり、一瞬後には美しさという価値を失っているかもしれない。

それを肝に銘じることだ。

では、普遍的な美しさはないのか。

形あるもの、人の目に見えるものにはないと言える。

しかし、目に見えないもの。

美しいという力、エネルギー。

それは変わらない。

人の目に見えないところに、美しさのエネルギーはある。

見るものではない。感じるものだ。

形は変わる。しかしエネルギーは変わらない。

そのものの中にある力を感じよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする