美しさということ

美しさというのは、本当に個人の好みが大きい

すごく綺麗と思う人でも、違う人に言わせれば気持ち悪いだったり

「きれいな湖!」と思っても、人によっては「単なる湖」で終わったり。

同じものをみても、とらえ方、感じ方は様々。

だからこそ、互いの感性を認め合いたいと思うけれど。

じゃあ、美しいという力、エネルギーってなんだろう。

目に見えない。

でも確かにそこにあるエネルギー。

例えば命の美しさとか、自然の美しさとか、

空に漂う雲、夕日、そこにあるもの。

…思い描いて言葉にすると、瞬く間に違うものに変わってしまう気がする。

それはもう、エネルギーではなく、人が形をつくったもの。

人の意識の中のもの。

もしかしたら、目に見えない本当の美しさを感じるためには、

言葉とか、形にあてはめてはいけないのかもしれない。

けれど、その力を表したいから、

人は言葉や音や絵や、様々なものでそれを形づくろうとするのか…

そんなことを考えてしまいました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする