空を見上げて

毎日空を見上げていますか。

空の広がりは、あなたの心を広げます。

空の雲は、時にあなたの心に呼応するかのように空を覆い光を遮ります。

空の日々変化する様のなんと美しいことでしょう。

下ばかりをみていませんか?

足元手元、自分のまわりの小さなところにばかり気持ちを向けていませんか?

もちろん足元を見て、自分のまわりの細々したことを考え、対処していくのは必要です。

でも、同じように、顔をあげて広い広い世界をみつめることも必要なのです。

空はちょうどいい場所です。

目をあげればいつもそこにあり、私たちの目が開くように力を貸してくれる。

身体が小さく縮こまっているなら、空を見上げ胸を広げ大きく深呼吸してみましょう。

小さなものを見続けているなら、空の遠くの方に視線を向けてみましょう。

曇りの日は曇りの日なりに

雨の日は雨の日なりに

そして晴天では晴天なりの感じ方がそこにはあるでしょう。

今日から、明日から、目線をあげて。

空を見上げてみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする