空を見上げてみたら

真っ青な青い空。 気持ちのいいもの。

でも確かにあまり見上げていないかも。

道を歩くときには前をみてるし、 机に向かっている時だって、食事をしているときだって そんなに空を気にしているわけじゃない。

雨ふりそうだなあ、と空をみあげても そこに何かを感じるわけじゃなく

雨が降るか降らないかを気にしているだけ。 全く空のことなど見もしない。

それだけじゃない。

空を見上げるどころか

パソコンやテレビやスマホや 目の前のものばかり見てる。

見てるだけじゃなく、考えることもちっちゃいかも。

自分のまわりのことが気になりすぎて ついつい狭い目線と狭い考えで判断してしまいがち

そうして、あれこれ悩んだりする。

空を見上げてっていうのは、

つまりは 空を見上げるように広い視線をもとう

ということなのかな

下ばっかりみてたら、背中がまるまって 息も浅くなって、

リラックスどころか 固くガチガチになりそう

時々上をみて 空をみて、体を開いて柔らかくしてみたら?

空を見たときに 曇りでも雨でも青空でも、

そこに何かを感じられるように

自分の心もやわらか~くしておくと、もっといいのかもしれない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする